いろいろな事情で貧しくなった人に対しては、気前よくその必要なものを貸し与えなければなりません。ただし負債は7年目には免除しなければなりません。また、自分の身を売って奴隷となって仕えたならば、その人を7年目には報酬を与えて自由の身にしなければなりません。貧しい隣人を大切にすることこそ神の民にふさわしいことです。
インドの子どもたちのために/タイ伝道の働きのために