<一年を通しての祈り>
・1879年の「琉球処分」以来、日本政府と私たちは沖縄を利用し冷遇しています。差別によって苦しむ沖縄の呻きと言葉に私たちが耳を傾け、歩み出すことができますように。
・沖縄に立てられているキリストの教会の、福音宣教の働きを覚えて。

<時々刻々の祈り>
・自身(自国)が生きるために、力で他者(他国)のいのちを踏みにじるという、理不尽で無慈悲な敵意が地上に満ちています。沖縄の非暴力抵抗に目を向け、共に生きていけますように。
・辺野古新基地建設に抗して座り込んでいる沖縄戦体験者に、聴いていけますように。